ランニングでむくまないづくりをしよう!効果のある方法と注意点まとめ

ストレッチだけじゃなかなかむくみがとれない・・・。

 

そんな方はランニングをしてみてはどうでしょうか?

 

軽いランニングはむくみの解消につながり、そしてむくまない体へと変化していきます。

 

ここではその他の注意点や効果のあるランニング方法を解説していきます。

 

辛くない!ランニングによるむくみ除去方法

 

1、ランニングのスピード

人によって速いと感じるスピード、遅いと感じるスピードは異なるためこれといった基準はありませんが速すぎず、遅すぎず、気持ち良いと感じるスピードで走ります。

 

基本的には他人と比較してはいけません。

 

速すぎると、体への負担が大きく、むくみを悪化させる場合があります。

 

また、遅すぎると、体への刺激が少なく、改善されない場合がありますので丁度よいスピードを自分で見つけてみてください。

 

2、ランニングの時間

スピード同様、人それぞれ異なりますが、基本的には5分以上が目安となるでしょう。

 

これも、長すぎず、短すぎず、体が程よく温まって気持ちよく終われる時間走り続けます。

 

長すぎると、体への負担が大きくむくみを悪化させる場合があります。

 

また、短すぎると、体への刺激が少なく、改善されない場合があります。

 

普段から活動的な方にとっては、目安以上に走り続ける必要があるかもしれませんし非活動的な方にとっては、5分でもやや長いと感じるかもしれません。

 

他人と比較せず、自分に合った時間を見つけてみてください。

 

3、ランニングを行う上で最も重要なこと

ただ走るだけでは、残念ながら改善されないこともあります。

 

特に自分に合ったスピードや時間がわからない人は要注意です。

 

なぜなら、予想以上に体に負担をかけてしまい、体の不調を引き起こしかねないからです。

 

そうならないためにも、ランニング前には必ず体操やストレッチを行ってください。

 

簡単な体操やストレッチでも、やるとやらないとでは、体に対するダメージが大きく変わります。

 

そしてさらに重要なのは、ランニング終了後のクールダウンです。

 

クールダウンは、ランニング後に少し歩いたり、体操やストレッチを行います。

 

クールダウンをせずに、走りっぱなしで終わってしまうと、体に乳酸が溜まってしまい、その乳酸を分解するために余計に水分を要し、むくみを悪化させてしまう恐れがあるのです。

 

クールダウンを行って、体に無理のないように運動を終えることが、最も効果的であり、重要なポイントとなるのです。

 

4、その後もむくみ知らずでいるために

むくみを日頃から予防するためにも、ランニングを日常的に継続して行うことをお勧めします。

 

日常的に行うことによって、自分にあったスピードや時間を把握することもできます。

 

むくみにくくする方法⇒筋肉をつけることで血行が改善!足のむくみはこれで解消

 

5、天候不良でランニングを行えない時は

室内でできる運動を探しましょう。家の中を歩いたり、足踏みしたり、場所をとらない縄跳びなんかも良いかもしれません。

 

ストレッチを入念に行うだけでも、何もしないよりは良いので絶対にやってくださいね!

 

まとめ

ランニングは手軽に誰でもできる簡単な運動法に見えますが、一歩やり方を間違えると命にかかわることだってあります。

 

その危険なやり方というのはもちろん先ほども言ったように、負荷の掛け過ぎ。によるものです。

 

自分に合ったペースを見つけることでランニングは最大限の効果を発揮します。

 

徐々に自分のペースを探って自分に合ったランニングのペースを見つけてくださいね!

むくみ改善

むくみ改善アイテムむくみ改善アイテム

むくみサプリメントランキング着圧ストッキング