むくみを引き起こす5つの栄養素まとめです

私たちは普段意識していないところでたくさんのむくみの原因となっている栄養素を摂取してしまっています。

 

ここではその何気ない食事から摂取してしまうむくみの原因となる5つの栄養を解説していきます。

 

※こちらを読んでない方はこちらもご参照ください
足がむくんで痛い。食生活を見直すための4つの項目

 

むくみを引き起こす5つの栄養素

カリウム

 

カリウムには身体の活性化、塩分(ナトリウム)を体内に出し、体内の水分バランスを調整してくれる働きがあります。

 

むくみは体内の水分の代謝が悪い時に起こるものなので、むくみ解消にカリウムの摂取は非常に効果的です。

 

カリウムはフルーツにいっぱい入っていて、その中でもアボカドや、バナナ、そしてキウイといったものにいっぱい入っています。

 

加えて、ドライフルーツは成分が凝縮されることが要因となり、一層多くカリウムが入っています。

 

ドライフルーツはこれらを合理的に摂りいれることが出来ます。

 

その他にも、ワカメなどの海藻類、野菜や芋類などにも多く含まれています。

 

カリウムは水溶性の栄養素のため、長時間水にさらしたりすると栄養分が流れ出てしまうため、調理する際は注意が必要です。

ポリフェノール

 

渋みまたは苦みを持つのがポイントで、4000種類を超える程のポリフェノールを持っていると評されています。

 

ポリフェノールの中には抗酸化作用であったり血をサラサラに変えてくれる役目をします。

 

血の巡りが不十分だったりリンパの詰まりがむくみの原因となっているため、ポリフェノールを摂りいれることでむくみの解消ができます。

 

ポリフェノールを多く含む食材として、ブルーベリー、生姜、緑茶、カカオ(チョコレート)などが挙げられます。

 

ポリフェノールは体内に蓄積されにくいため、一度に大量に摂取しても3時間程度で抗酸化作用が失われてしまいます。

 

定期的に摂取することが望ましいでしょう。

サポニン

 

サポニンに含まれる利尿作用と悪玉コレステロールの排出効果により、体内の水分を排出するはたらきがあります。

 

また、毛細血管を伸張して滞りなく血の巡りを活性化させることで、体を温かくして冷えを解消する効果も期待できます。

 

冷え性でむくみに悩んでいる方には特に効果的な栄養素と言えます。

 

大豆や大豆を使用した加工食品やスイカ、きゅうり、冬瓜などウリ科の食材に多く含まれています。

ビタミンB

 

ビタミンB1には糖質の分解を促進する効果があります。レバーや豚肉、豆腐などにたくさん入っています。

 

また、ビタミンB6はタンパク質の分解を助け、血液をサラサラにする効果があり、またホルモンバランスを正常化効果もあるため、月経前のむくみに効果があるとも言われています。

 

大豆やマグロ、鮭、カツオなどの魚類、鶏肉、とうもろこしに多く含まれています。

クエン酸

 

クエン酸は代謝を促進させ、リンパの流れを良くするはたらきがあります。

 

また、疲労回復効果もあるため、疲れによるむくみ解消におすすめの栄養素であると言えます。

 

レモンないしはグレープフルーツをはじめとする柑橘系、梅干し類にいっぱい含有される栄養成分です。

 

まとめ

普段の何気ない食事や食べ物からでもむくみの原因となる栄養素を摂取してしまっています。

 

少しでも意識して食事ができればあなたのむくみの改善の糸口になるかも知れませんね!

むくみ改善

むくみ改善アイテムむくみ改善アイテム

むくみサプリメントランキング着圧ストッキング

関連ページ

塩分の摂取は足のむくみの原因
塩分の摂取は足のむくみの原因になります。その場合はカリウムをとることで塩分を排出できます。ここではその他の方法も解説します。塩分の摂取には気を付けてむくみの原因を追放しよう。
食生活を見直すための4つの項目
足がむくんで痛いのは塩分のとりすぎかもしれません。まずは食生活を見直してむくんで痛い足を直しましょう。
むくみ改善に不可欠な栄養素と食材
脱むくみボディを目指してむくみ改善に不可欠な栄養素と食材と解説していきます。これらが欠乏すればむくみは改善するどころか酷くなっていく一方です。