妊娠中・産後のむくみは入浴で改善!産中産後の解消法

妊娠中は赤ちゃんに栄養をあげるために血液が増加するため、むくみやすくなります。

むくむ原因として、

  1. 運動不足
  2. 体重増加
  3. ストレス
  4. 塩分の取り過ぎ
  5. タンパク質欠乏
  6. 貧血
  7. 血行障害
  8. 妊娠高血圧症
  9. 衣服の締め付け

があげられます。

 

その中でも、冷えは血流が悪くなるため、一定の場所に水分がたまりいつもよりむくみに繋がります。

 

入浴によるむくみ解消法

38度くらいのぬるめのお湯に長くつかれる様に熱すぎないお湯に設定します。
同時にストレスや不眠を防ぐために、入浴剤などを入れてリラックスする事をオススメします。
浸かるだけでは無く、リンパのマッサージを行います。

 

この時、お腹を圧迫してしまうと赤ちゃんに負担がかかり、妊婦も苦痛になるため足は伸ばした方が良い。

 

 

マッサージを行う時は、足を軽く曲げふくらはぎをさする様に膝の方向にさすります。
強い力でさすると 疲れてしまったり、息がしずらくなり十分に赤ちゃんに酸素がいき届きにくなります。

 

ココ注目

 

又、リンパマッサージは強くしても効果が期待できません。

 

人それぞれの効果はありますが、リンパマッサージを行うことでむくみが解消されたと言う妊婦さんは多いです。

 

上記以外の別の方法

足を伸ばした状態やお風呂でくつろげる体勢になった時に両足の指をグーパーすることでも、むくみは解消されます。

 

入浴だけにこだわらず、足浴でも効果はあります。

 

 

足を温めると血流が良くなるため、必ずしも入浴でなければ効果が無いわけではありません。

 

 

足浴とは?

足浴とは足湯の事で、足を温める目的で行います。

 

足浴の温度は38℃〜40℃くらいが望ましいです。

 

熱すぎるお湯に注意!!

 

熱すぎると血圧が上がってしまい、血管が収縮するため、妊娠中は赤ちゃんに十分に酸素が行き届かない事や、妊婦自体の血圧も上がり、ホルモンの関係で心拍数が増え、興奮状態となりリラックスできなくなるため、ぬるめのお湯がいいです。

 

お湯につけない部分は冷えない様にするために、ひざ掛けやタオルを用いて、保温した方が効果あります。

 

リラックス効果を上げるために、入浴剤を用いて行う事で束の間の休息気分をより一層味わうことができます。

 

 

個人差があり、自分に合う方法でむくみを解消すると妊娠中や出産後もむくみと上手く付き合うことができるため自分の中で心にゆとりができます。

 

 

自分に合う方法を見つけて継続して実施していき、むくみを減らして体の負担を減らす事が赤ちゃんにも、妊婦さんにも効果的で安心した妊婦生活や育児ができますよ!

 

簡単に言えばすべてが好転して「イライラ」しないということです。

 

つまりむくみの改善に努めていることで最終的には育児ノイローゼの防止にもなったりするわけです。

むくみ改善

むくみ改善アイテムむくみ改善アイテム

むくみサプリメントランキング着圧ストッキング

関連ページ

お風呂はアロマオイルと粗塩で効果倍増
バスマッサージの効果的な方法をご紹介します。バスマッサージはアロマオイルを使用するとよいのですがさらに粗塩をプラスすることで効果がアップします。
【生姜風呂】むくみの改善で冷え性対策
足のむくみの改善は冷え性の解消にもなります。場所は温まりやすい生姜風呂で対策をしましょう。足のむくみが改善できれば自然に冷え性の症状も解消していきます。
足のむくみ改善は半身浴で汗をかこう!
足のむくみ改善は半身浴で汗をかきましょう。汗を書くことで代謝アップでむくみの改善になります。半身浴はむくみの改善になるのでおすすめです。ボディスクラブを使用するのも効果的です。
足のむくみ改善にシャワーはダメ!?
足のむくみ改善にシャワーはダメです。シャワーだけでは足の改善はおろか逆に太く見えてしまうことも。足のむくみ改善に効く方法を解説します。
半身浴と足浴でむくみ改善!入浴剤とアロマオイルも
足のむくみ改善は足浴がおすすめです。効果アップには半身浴の際の入浴剤とアロマオイルがおすすめです。ここでは足のむくみの改善を半身浴と足浴で解消する方法を解説していきます。
お風呂でマッサージに最適な温度は?
お風呂でのマッサージは温度も重要です。しっかりと温度調整まですることで美容と健康にも効果があります。ここではお風呂でのマッサージに最適な温度でさらに美容と健康にもよい方法を解説していきます。