フットバスの効果を上げるためにはアロマオイルと粗塩が効果的

バスマッサージの方法

まず出来るだけ滑りやすい方が良いので、
マッサージオイルを使用するかお風呂場で体を洗うついでに足首に泡をつけます。

 

  1. 指はチョキの形から少し曲げて、人差し指と中指の間にかかとからの筋を挟みます。
  2.  

  3. あとはひたすら上に上げるようにしごくのみです!

 

回数は20回程度の往復で次第にスッキリしてくるので、
あとはお肌をこすり過ぎないようにだけ気を付けます。

 

これ、簡単に書きましたが最初は激痛が走るかもしれません。
それだけ悪いものが溜まっていると考えて下さい。

 

 

一度やるだけでも骨や筋の形が分かるようになります。

 

自分の足首って、こんな形だったんだ!と驚きます。

 

最初はむくみが強い方ほど痛みがありますが、習慣にしていくと痛みはなくなります。

 

方法は簡単なので、毎日続けて見てください!スッキリ足首を手に入れることができますよ。

 

 

これに粗塩マッサージをプラスすると、むくんでない人でも脚が2センチは細くなります。
目に見えて引き締め効果がありますのでぜひ試してみてください^^

 

お風呂に入ったあとも効果的です!

 

方法はリンパの流れそってさするだけです!

 

  1. まず足の甲を手をグーにしてつま先から足首にさすります。
  2.  

  3. そして次は足首から膝の裏まで手をパーにしてさすります。
  4.  

  5. 膝から太ももの付け根まてぐぐーと引き上げる感じで流していきます。何度も何度も。ボディクリームとか使いながらがおすすめ!

 

やっていくうちに足があったかくなってきます。
歩き疲れたときは軽くモミモミしながらやります。

 

自分自身でやるとなかなか手が疲れてきて足のむくみなんか取れるの?て気持ちにもなりますが、
リンパマッサージをした次の日の朝は足が軽くなっています。

 

ボディークリームなどを使用してしっかりとマッサージする時間がないという人も、家に帰ったら、暖かい湯船の中でふくらはぎを押す、という簡単なマッサージだけでも、次の日起きた朝の足の軽さが変わります。もちろんサプリメントも合わせると効果的ですよ!

 

 

 

 

わたしは夕方のふくらはぎのむくみと、朝方の目の周りのむくみ、特に生理前のそれがひどいです。この症状は仕方ないことだと諦めて、次のようなことを日々実践しています。まず、ふくらはぎのむくみです。わたしは自宅に帰ってからあれこれやっています。その1つは、100均などに売っている足つぼ機にのることです。キッチンに置き、料理をしながらのっているので、毎日30分近くは使用しています。料理の時でなくても、テレビを見ながらや歯を磨きながらと、何かしながらの際に足つぼ機にのっています。足裏は第二の心臓と言われるほど、たくさんのツボがあるので、効果は絶大です。忙しい方でも、何かしながらなので時間を無駄にしませんよ。
2つめは、お風呂の中とお風呂上がりの計2回のマッサージです。毎日しっかり湯船につかり、片足5分程度マッサージをしています。その後、クリームを使用し、同じくそれぞれ5分程度行っています。この方法を中学生の頃より行っており、翌朝すっきりのむくみ知らずです。マッサージは、足首から膝裏にかけてと下から上に向かって行います。
次に、目の周りのむくみについてです。生理前は特にひどく、普段二重なのに一重になっていました。
その解決策として、まず目覚めた時ベッドの上で、こめかみをぐるぐる押す、目の間の鼻の付け根を押す、この2つのマッサージを行っています。わたしは目が覚めても、ベッドでグズグズしており、すぐ起きられないので、だったらマッサージでもしようとこれをやるようになりました。こちらの効果も絶大で、生理前に一重にならなくなりました。このマッサージも、テレビを見ながら、湯船に浸かっているときと、何かをしている時に行えます。
わたしは日中仕事をしているので、いかに効率よく行うかがとても大事です。そんなわたしでも続いている方法なので、忙しい方に是非実践していただきたい方法です。

 

入浴でむくみを取りましょう。用意する物は、1柚子かレモン1コ、2マグカップ1杯のお湯、3粗塩100グラム です。まず自分が丁度いいと思う温度のお湯をバスタブに溜めます。そこへ粗塩を入れ、柚子かレモンを浮かべます。よりリラックス効果を高めたかったら、脱衣室にCD デッキを持ち込み、ゆったりとした曲や波の音を流します。そしてバスタブに入る前に、一気に飲める温度のお湯を飲み干します。これは[呼び水]と言って発汗を促してくれる物で、飲むと飲まないとでは結果が全く違うので、絶対に忘れずに飲んで下さい。いよいよ入浴開始です。バスタブに浮かべる柑橘類ですが、柚子は季節が有るので冬場以外は生の物を入手する事が困難です。ですので、レモンでもオッケー。どうしても柚子の香りの方が好きな方は、エッセンシャルオイルも有ります。これは町の雑貨屋さんで買えますが、より良い物がいい方はネット通販で有名ブランドのオイルを入手して下さい。柑橘類はリラックス効果は勿論のこと、デドックスに優れていますし、それプラス粗塩で相乗効果をもたらします。バスタブに入りましたら、まず足の指をマッサージします。小指から順にゆっくりと指を360゜回転させたり、押し出すように揉みほぐします。次に足の裏をやや強めに押します。こうでなければいけない、と言う事は無いので、ご自分が気持ちいいと思うやり方で十分です。足先が終わったら、脹ら脛、膝裏、太ももとマッサージして行きます。足の付け根(鼠径部)は外側から内側に向かって擦って下さい。その辺までやる頃になると、バスタブのお湯の温度が低くなって来ていると思うので、最初に入った時よりも少し熱めに追い焚きするか、追加のお湯を足して下さい。次に上半身のマッサージです。全身を巡ったリンパ液が最終的にたどり着くのが左鎖骨の下なのです。まず人差し指と中指でVを作って鎖骨をはさみ、内側から外側へ向かって押し出すように滑らせます。それから耳たぶを揉みほぐし、首筋を顎から鎖骨に向かって流して行きます。次に手の指先から付け根に向かってマッサージをして下さい。最後に胴体部分を下から上へと擦ります。ボディはこれで終了ですが、ここまでやったのならフェイシャルマッサージもと欲をかきたく成るのが女心。ついでにやってしまいましょう。まずは指の腹で頭皮を揉みほぐします。次にお気に入りのオイルでお顔の中心から外側に向かって、老廃物を流して行きます。全行程30〜40分。とても贅沢なひとときが心と身体を癒し、むくみとサヨナラです。

むくみ改善

むくみ改善アイテムむくみ改善アイテム

むくみサプリメントランキング着圧ストッキング

関連ページ

【生姜風呂】むくみの改善で冷え性対策
足のむくみの改善は冷え性の解消にもなります。場所は温まりやすい生姜風呂で対策をしましょう。足のむくみが改善できれば自然に冷え性の症状も解消していきます。
産中産後のむくみは入浴で改善
妊娠中・産後のむくみは入浴で改善しましょう。産中産後のむくみ解消法は入浴中にできます。簡単なので是非実践して見てください。
足のむくみ改善は半身浴で汗をかこう!
足のむくみ改善は半身浴で汗をかきましょう。汗を書くことで代謝アップでむくみの改善になります。半身浴はむくみの改善になるのでおすすめです。ボディスクラブを使用するのも効果的です。
足のむくみ改善にシャワーはダメ!?
足のむくみ改善にシャワーはダメです。シャワーだけでは足の改善はおろか逆に太く見えてしまうことも。足のむくみ改善に効く方法を解説します。
半身浴と足浴でむくみ改善!入浴剤とアロマオイルも
足のむくみ改善は足浴がおすすめです。効果アップには半身浴の際の入浴剤とアロマオイルがおすすめです。ここでは足のむくみの改善を半身浴と足浴で解消する方法を解説していきます。
お風呂でマッサージに最適な温度は?
お風呂でのマッサージは温度も重要です。しっかりと温度調整まですることで美容と健康にも効果があります。ここではお風呂でのマッサージに最適な温度でさらに美容と健康にもよい方法を解説していきます。